読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語+pickles

浜松で英語を指導する英検1級講師のブログ

信頼関係を構築する

生徒との信頼関係は授業以外の時間での取り組みに大きく関わってきます。


絶妙な信頼関係があれば、当たり前のことを当たり前にやってくれます。


全ての生徒と良い関係が出来たら最高ですが、なかなか難しいものです。


信頼関係を構築するのも講師が意識してやっていくことなのだと思います。


生徒の性格に合わせて自分を合わせていくスタイルなので、日々勉強です。


週に1度会う生徒がどうしたら伸びるのか、考えて実践していきます。

繰り返して使えるように

構文を学習するメリットは何も読解力の向上だけではありません。


むしろ英作文や会話、アウトプットに生きてきます。


ここぞという時に基本構文が英作文を彩ってくれます。


会話ではスマートに関係代名詞が使えます。


私が使うテキストも表現力アップに一役買ってくれています。


英語の構文150―UPGRADED 99 Lessons

後輩からのメッセージ

高校時代に所属したいたバレー部の後輩からすてきなメールが届きました。


フルマラソン完走しました!!」


彼と筋トレトークで盛り上がったのが約1年前でした。


そこから火がついた彼はマラソンのトレーニングを開始しました。


徐々に距離を伸ばしていき、ついに1年でフルマラソンを完走できるまでになりました。


継続こそ力になることを体現してくれた彼は本当に素晴らしいです。


やる気をもらえました!!私も筋トレ頑張ります!!

娘の髪を切る

娘(1歳8ヶ月)は髪がよく伸びます。特に前髪が伸びるスピードは凄まじいです。


前髪を切るのは私が担当していますが、今まではすきバサミで流れができるようにきっていました。


もしかしたらそのせいで前髪がすぐに伸びてしまうのかと思い、今回は前髪ぱっつんのオンザ眉毛に挑戦してみました。


普通のハサミで切るのは初めてだったのでドキドキしましたが、今までのカットの経験のおかげでうまく前髪を切ることができました。


いつもと違う前髪ぱっつんの娘。かわいいです。髪型1つでこんなに印象が変わるんですね。

早めの対策

どうしたら英語が伸びるか?常に講師は考えるべきだと思います。


しかし、苦手意識が強い分野がある生徒はいかに心理的な壁を乗り越えるかも考えないといけません。


リスニングの苦手意識が強い生徒には、極端に簡単な素材を使ってトレーニングをしていきます。


高校生でも苦手な生徒には中学レベルの素材から入る場合も多いです。


どんな生徒でも英語力が伸びたと感じられる授業を提供していきたいですね。

彼女がくれたもの

今日は、ある1人の高校生の最後の授業でした。


高3の春、得意な英語をもっと伸ばしたいと私のところに来てくれました。


不器用でしたが愚直にアドバイスしたことを実践してくれた彼女は、苦しみながらも英語力を伸ばしてくれました。


最後の授業で彼女が見せた合格への意志と覚悟は、今までの努力を見てきたのでとても成長を感じることができました。


今までの努力の成果が入試本番で出せるように、頑張ってきてね。


今までありがとう。あなたのやる気や疲れていても見せてくれる笑顔から、私も大切なことを学べました。

寒さに負けない

30を過ぎてから、手足の冷えが気になり始めました。

足が寒過ぎて仕事の合間に厚い靴下を買ってきたり、寝る時も靴下を履いたりと特に足の冷えが辛いです。

どうしたら冷えを克服できるかを考えた時に、ふくらはぎの筋トレを思いつきました。

少し前に流行ったふくらはぎのトレーニングがもし末端までの血流を促してくれるなら手足を冷えないようにしてくれるかもしれません。

ちょっと試しに筋トレしてみようと思います。